引越しをすると何かと慌しくて、なかなか転入届を出しに行けないという人も少なくありません。 でも、転入届にはいつまでに出さなくてはいけないという期限があるのです。 では、転入届は一体、いつ出したらいいんでしょうか? 理想を言えば、引越し当日に役所に転入届を出すというのがベストですね。 転入届には、その市町村に住み始めた日を記入することになっていますから、できることなら引越し当日に提出するのがオススメです。 ただ、引越しは土日に行うことも多いですし、荷物を運び終えた時には役所の受付時間が終わっていたということもあるでしょう。 ちなみに、新住所に住み始める前に転入届を提出することはできないので、事前に出しておくというわけにはいきません。 その場合には、新居に住み始めてから14日以内に転入届を提出するようにしてください。 1日でも過ぎたらダメというわけではありませんが、あまりに遅れると役所の受付の人に叱られたり、罰金を科せられることもあります。 住民票の移動を怠るというのは、住民基本台帳法違反にあたり、行政罰である過料(最高で5万円)を科せられるケースもあるので注意が必要です。 最高で5万円の過料とはいっても、実際には、3千円とか5千円くらいのことが多く、簡易裁判所で事情を話すと情状酌量されることもあります。 余計な手間や出費を増やしてしまわないためにも、転入届は忘れないうちに出しましょう。